セキュリティも万全|トランクルームにしっかり保管しよう

価格動向について

メンズ

貸倉庫の金額や価格の傾向について紹介します。これらの金額は景気動向によって金額が上下します。世界の景気は減少傾向にあるのです。なので、貸倉庫の需要は物流量に対して減る傾向にあるといえるでしょう。貸倉庫は保管型から流通型に変わっています。なので、平屋型の広い倉庫が人気になっています。また、物流加工の目的の倉庫も重量が高まっています。賃料もそれらの需要に合ったものが高くなる傾向にあるのです。それ以外は低く抑えられる傾向です。地域によって貸倉庫の金額に幅が出るようになっています。地価の高い都心部や都心にアクセスの良い地域やインター周辺などが高いです。それ以外の地方の貸倉庫は安くなっています。これらのように貸倉庫は場所によって金額に差が出るようになっているのです。

貸倉庫のこれまでの歴史や変遷について紹介します。トランクルームは昭和6年に倉庫業者が開設したのです。昭和50年ごろになると個人消費者を対象としたサービスを行うようになったのです。首都圏を中心にそのサービスは拡大し普及したのです。しかし、機能や施設の基準が特になかったせいで消費者と倉庫業者との間でトラブルが多発したのです。昭和61年5月に標準トランクルーム約款が制定されたのです。また、平成13年6月には倉庫業法が改定され、優良なトランクルームを国が認定する制度や倉庫業者以外の者により消費者を誤認させる行為の禁止が盛り込まれたのです。これらの歴史から消費者が貸倉庫の業者を選ぶ時には慎重にならざる得ない経緯があるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加